NEWS

石塚悠

何種類ものポップな色彩のガラスを組み合わせた「パッチワーク」シリーズの器には、絵本から抜け出してきたかのようなかわいい動物や、和のテイストが散りばめられ、使う人をほっこりした気分にしてくれる。千葉を拠点に活動し、今年は国内や海外でも工房展が予定されている石塚悠(いしづか はるか)さん。冷えたガラスを電気炉で加熱して融着させる「キルンワーク」という技法で生み出される、色の組み合わせやデザインの美しさを感じてほしい。

【石塚悠さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
酒器としてはもちろん小さな小鉢としてもお使いいただけるガラスのおちょこをご用意いたしました。フルーツやどうぶつがぎゅっとつまった小さな世界をお楽しみください。

Instagram:https://www.instagram.com/harukaishizuka/

--------------------------------------------------