NEWS

TAG STATIONERY

その日の気分に合わせて洋服を選ぶように、お気に入りの筆記具を手に取り、思いのままに言葉を綴る。古都・京都に伝わる技術をもとに現代の文具との関係性を見つめ、筆記文化の新たな楽しみを提案する「TAG STATIONERY」(タグステーショナリー)。「京の音」「文染」といったオリジナルの染料インクを中心に、ドイツ製の一級硬質ガラスの特殊な装飾管で作った、インク専用のガラス容器も販売。1回に入るインクは約2ml。インクを移し入れたときの表情も美しく、書く楽しみが広がる。

【TAG STATIONERYから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
はじめまして、TAG STATIONERYと申します。私たちは、京都の文房具店を母体とする文具メーカーです。長年文具を専門に扱ってきた知識を活かし“手書き”にまつわる商品を中心に企画開発しています。出来る限り京都や京都近郊の作り手様にご協力いただきながら、無理のない、中量生産で制作しています。

今回出品させていただいているガラス製品は、京都の工房で手作りされた手書きの道具です。使いやすい筆記具やデジタルデバイスが身近にあふれる中、ちょっとままならないアナログな道具で、インクの色や紙とペン先が擦れる“素朴な感覚”に浸ってみるのもいいかもしれません。製品共々、これからどうぞよろしくお願いいたします。

Web Site:https://store.tagstationery.jp
Instagram:https://www.instagram.com/tag_stationery_store/
Twitter:https://twitter.com/StationeryTag
Facebook:https://www.facebook.com/tagstationerykyoto/

--------------------------------------------------