NEWS

早崎志保

ガラスに溶け込んだ真鍮がつくり出す泡が、夜空に浮かぶ星屑のように見えることから名づけられた「てんてん星」シリーズや、テーブルに淡い色合いの花々が咲き誇る「花模様のフリーカップ」などのアイテムが定番で、手紙社のショップやイベントなどでも人気の早崎志保さんの作品。早崎さんは、富山ガラス造形研究所を卒業後、愛知県岡崎市に工房「ガラスごこち」を構え、リサイクルガラスを原料に作品を制作。吹きガラスならではの“ゆらぎ”が、日々の暮らしにやすらぎをもたらしてくれる。

【早崎志保さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
こんにちは。早崎志保です。ガラスを素材に、吹きガラスやフュージング・キャストなどの技法で器やアクセサリーを制作しています。季節の移り変わりや自然の景色から着想を得ながら、物語のあるような作品を作り出したいと思っています。

皆様の日々の暮らしに楽しく優しく寄り添えますように。

Instagram:https://www.instagram.com/glasscocochi/

--------------------------------------------------