NEWS

レピヤンリボン

福井県の丸岡町にある大正14年から続く細巾織物工場、株式会社松川レピヤンが立ち上げたファクトリーブランド。代名詞となるチロルリボンは伝統的なシャトル織機で織られているため、現在主流の高速織機では作り出すことのできない複雑なデザインや風合いを生み出すことができるという。花や動物、風景や食べ物など、日常の様子を切り取ったデザインは、時代を越えて現代の私たちの生活を彩ってくれる。一本ずつ丁寧に織られたリボンを、ハンドメイドやアレンジにぜひ。

【レピヤンリボンから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
レピヤンリボンは、大正時代に創業した福井県の細幅織物工場がつくる、可愛くてどこか懐かしいリボンと小物のブランドです。

レピヤンリボンのリボンは、日常の中にある風景やお花・動物たちをレピヤンリボン目線で切り取った唯一無二のオリジナルデザインです。現代的なデザインのリボンを、伝統ある国内最大級のチロルリボン工場で丁寧に織って、皆さまへお届けいたします。

今を生きる皆さまへ進化するチロルリボンをご提案し続けます。チロルリボンに新しい感覚を取り入れ、リボンのある生活を楽しんでいきましょう! Have fun Ribbon Life!

Instagram:https://www.instagram.com/rapyarn_ribbon/
Twitter:https://twitter.com/rapyarnribbon
Facebook:https://www.facebook.com/rapyarnribbon/

--------------------------------------------------