NEWS

Kumpel

旅行の足跡や新天地へ旅立つワンシーンなど、思い出を記念として形に残すことができる“きっぷ”。その良さを様々な形で伝えていきたいという思いで、創業以来約100年にわたってきっぷ印刷に携わってきた山口証券印刷が立ち上げたブランド。「Kumpel(クンペル)」は近代印刷発祥の国、ドイツの言葉で「相棒」の意。「鉄道に、人々に、ともに寄り添い続ける存在でありたい」という気持ちを込めて名付けたそう。本物の乗車券と同じ紙や印刷機を使い、裏面まで同じ仕様。そんな“きっぷ印刷”の技術力を注ぎ込んだアイテムには鉄道ファンならずとも魅了されている。

【Kumpelから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
こんにちは、創業以来100年にわたって“きっぷ”を中心に凸版印刷の技術を継承してきた老舗印刷会社のデザインステーショナリーブランド 「Kumpel」です。

昔の硬券(こうけん)と呼ばれる“きっぷ”の良さと文化を後世に残すため、また幅広い方達に興味を持ってもらうために“きっぷ”と同じ素材・製法で制作したノートや雑貨などを展開中です!

月刊手紙舎だけの限定アイテムや限定セットなどを展開しようと思ってますので、是非チェックしてくださいね。

Web Site:https://www.kumpel-design.com
Instagram:https://www.instagram.com/kumpel.stationery/
Twitter:https://twitter.com/kumpel_tweet

--------------------------------------------------