NEWS

大森木綿子

おおもり・ゆうこ。愛知県生まれ、東京都在住のイラストレーター。水彩、色鉛筆、クレヨンなどの画材を組み合わせ、心に浮かんだことや自然の風景をモチーフに描く。代表作である横長のポストカードは、「受け取る方へ丁寧な気持ちを届けたい」という思いを込めて帯で包まれている。絵柄が大きく見えるように作られた専用の窓付き封筒に入れれば、大切な人への想いも深まるよう。今年の春には、環境への配慮からカードや包装の素材が見直され、より一層永く愛される作品に生まれ変わった。

【大森木綿子さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
みなさん、こんにちは。私は「身近な美しいもの、ありのままでなく心象風景を描く」ことをテーマにして、紙雑貨を制作しています。毎月の暮らしや、心に寄り添うものを選んで、お届けできたらと思っています。季節の植物や、月や星、風などお天気の風景もあります。ぜひ楽しみにしていてくださいね。

横長のカードは、印刷以外の工程を手作りしています。僅かな手作業のぬくもりを、感じていただけたら嬉しいです。

Web site:https://omoriyuko.com
Instagram:https://www.instagram.com/momenmemo

--------------------------------------------------

【11月号で販売するおすすめ商品を教えてください】

「おたよりセット」

今月のおたよりセットは2種類です。写真のセットは「kazabana」「nagareboshi」「wild flower」。11月号が届く頃は、年末が近く寒さの堪える季節ですがふわりと包む雪のように、どこか暖かな冬の景色を選びました。大切な方や、自然が好きな方へ、季節のお手紙を書いたり、ちいさな絵としてお部屋にいかがでしょうか。