NEWS

MAITO

台東区を拠点に東京都内に4店舗を構え、草木染めのアイテムを展開。代表の小室真以人さんは幼い頃から家業である草木染めに触れ、伝統的な染織を学ぶ傍ら新しい技術を模索。「自然にもヒトにも優しい、昔ながらのものづくり。」をコンセプトに、2008年より「MAITO」をスタート。蔵前のアトリエショップでは、商品の販売に加えて草木染めのワークショップを定期的に開催し、自然の色を身に纏う素晴らしさを伝えている。全国の職人の技術が注ぎ込まれた洋服や小物にはオーガニックコットンが使われていて、その柔らかい仕上がりが肌触りの良さに通じている。MAITOの代名詞とも言える桜色は、花の色がそのまま表れる。深みのある藍色、鮮やかな茜色……どの色も日本ならではの四季の彩りの美しさが実感できる。

【MAITO/真糸から「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
こんにちは、MAITOです。まだ中々大規模なイベント開催がむずかしい中、このような機会をもって皆さまに作品をお披露目できますことを、楽しみにしております。

草木染めのやさしく生命力のある色を楽しんでいただけますと幸いです。

Web site:https://maitokomuro.com
Instagram:https://www.instagram.com/maito_design
Facebook:https://www.facebook.com/maitojp

--------------------------------------------------

【2022年、どんな福袋かこっそり教えてください!】

台東区蔵前のアトリエで手染めした、綿100%の草木染め刺し子糸。たくさんの自然の色を楽しんでいただけるよう10色セットをご用意しました。月刊手紙舎の福袋でしか手に入らない、限定セットです!