NEWS

久保田健司

クリーム状の化粧土で装飾を施す“スリップウェア”の技法を生かしながら、さまざまな色の化粧土を使い、スポイトを用いて独自の模様を描き出す久保田健司さん。埼玉県出身で、民芸の里・益子で陶芸を学んだ久保田さんは、古典的な技法を大切にしながら、日々の生活を賑やかに、楽しく彩る器をつくりたいと願う。ろくろで作り上げたボディに、スリップウェアの上部を重ね合わせた花器も独創的で、思わず手に取りたくなる。

【 久保田健司 さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
いつもご覧いただきありがとうございます。毎回出品させていただける際にはできるだけ新しいものをお見せしたいと思っています。ぜひお楽しみください。

Instagram:https://www.instagram.com/kubokem/

-------------------------------------------