NEWS

櫻井薫

長野から陶芸を学びたくて、栃木県の益子へ移住。窯業技術支援センターや窯元で経験を積み、2018年に独立を果たした櫻井薫さん。さまざまな植物の灰でつくった釉薬を施した作品は、やさしい色合いでありながら、独特の存在感を放ち、料理やお菓子など盛り付けるものをよく引き立ててくれる。釉薬の表面に入った貫入が光に照らされ、きらきらと輝く表情も美しい。自然のものから生み出された温かな風合いを宿す器は、日常に安らぎをもたらしてくれるはず。

【 櫻井薫 さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
定番の益子原土を使用した輪花皿の他、爽やかな白い器も新しく制作してみました。

Instagram:https://www.instagram.com/kao_s0128/

-------------------------------------------