NEWS

前田麻美

まえだ・あさみ。東京生まれ、現在は京都にて作陶。打込技法やイッチン技法を用い、磁器土に施されたボタニカルで優雅な装飾が特徴。彼女の作品は、日本古来の伝統模様を織り込みながらもモダンな印象を持ち、灰青釉や琥珀釉のなめらかな肌、そしてブロンズ釉のマットな光沢が美しい。釉薬の表情と造形とのハーモニーが魅力的な器の数々は、毎日の食卓に華やぎを与えてくれる。

【 前田麻美 さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
京都で作陶している前田と申します。普段の食卓が華やかに、晴れやかになるようなうつわ作りを目指しています。今回は定番のダリア皿や花七宝皿に加え、菊や芙蓉の形の豆皿や5寸皿や稜花台皿も出品しています。どうぞよろしくお願いいたします。

Instagram:https://www.instagram.com/maedasami/

-------------------------------------------