NEWS

ミシャコシャ

朗らかに舞う鳥や、野原を駆けるウサギ、色とりどりの花々など、動植物たちを自由に、大胆に描いたミシャコシャさんの器は、物語のワンシーンを切り取ったかのよう。今にも動き出しそうな生き物たちが、暮らしを楽しく彩ってくれる。京都の学校で陶芸を学び、大阪を拠点に制作を行うミシャコシャさん。器だけでなく、人形や布ペイントなど、ジャンルを超えて創作を展開する。色鮮やかで、どこか懐かしい雰囲気も感じさせるミシャコシャの心和む世界を、ぜひ体感してほしい。

【 ミシャコシャから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
はじめまして。陶芸作家のミシャコシャ高木です。大阪の茨木市で作陶しています。手紙社さんの豆皿市に参加するようになって、たくさんの方に知っていただけて嬉しく思っています。

今回の豆皿・豆花器市の作品は、主に赤土に白化粧を施したものです。動物や植物をあしらった「OKINAWA」という豆皿は大好きな沖縄をイメージして作りました。主に子供との暮らしや日常のあれこれをヒントに製作しています。新作は土を彫刻して作った豆花器です。模様が思ったように浮かび上がりました。皆様の食卓や日常が楽しくなるような作品をお届けできればと思っています。

Web Site:https://mizacosha2013.jimdofree.com
Instagram:https://www.instagram.com/mizacosha/

-------------------------------------------