NEWS

a hint of

羽の様に軽やかで繊細な作品を作り出すニットアーティスト、谷口聡子。「かすかに感じる」という意味をもつ「a hint of」という屋号でアクセサリーを制作している彼女の作品は、自然の中に身を置き、目にしたものや感じたことを表現。たゆたうクラゲ、枝々に模様を描く蜘蛛の巣、ゆれる陽炎……。実体のあるものも、無いものも、ごく細やかな糸で形取られたイメージは、彼女の作品の中に溶け込み、幻想的な表情を魅せ続けてくれる。

【a hint ofから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
a hint of〜
かすかに〜を感じる

細い糸を棒針で編んでいます。
今回、いつもより更に細い糸で制作したものがあります。存在が消え入りそうなピアス。敢えてアクセサリーには繊細すぎる糸で編んでいます。糸の本来の風合いを壊さない程度に加工を施し、固く丈夫になっています。その他、もう少ししっかり目のいつもの感じの糸でもお作りしました。立体、平面、様々な形で、様々な手法を駆使し、色んなテイストのものがあり、今まで制作してきた集大成のような感じがあります。糸は全て、育てている花や藍の葉、草など、身近にある植物で染めています。その時の気分で生まれる、その時だけのもの。一つ一つ小さなオブジェと思って制作しています。

Web site:https://satoco-a-hint-of.tumblr.com/
Blog:https://satorinu.exblog.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/satoko_ahintof

*作品はイメージです
-----------------------------------------