NEWS

結城琴乃

1972年生まれ。高知県在住。木を焦がして描く“焦がし絵”という手法や細い針金を駆使して、家や鳥、植物などを独自の世界観でつくり上げるクラフト作家。焦がし絵でつくるモノクロの世界は、ノスタルジックな気持ちを誘う。葉脈や虫の羽といった、儚さを孕んだ造形を針金で作るアクセサリーの繊細さには、微かな心の移ろいを感じずにはいられない。オブジェやブローチなど、1つひとつの作品には、それぞれ物語が込められている。心惹かれてしまうのは、その物語に一歩足を踏み入れてしまったからに他ならない。

【結城琴乃さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
散歩やドライブをしながら目にする季節の花や草、虫や建物を頭の中に描きとめ、針金や紙、木などを用いて造形しています。今回の耳飾り特集では真っ只中の夏からじきに訪れる秋を思い定番を含む新作を作ります。沢山の方に楽しんで頂けますように。

Web Site:https://kotono1218.exblog.jp/

-------------------------------------------