NEWS

坂内 拓

紙を切ったり、貼ったりするコラージュ作品をメインに、広告、書籍や雑誌、音楽分野のアートワークと幅広く活動する「坂内拓」さん。屋上で黄昏る人や、のんびり日光浴を楽しむ人と犬、フリスビーで遊ぶ若者など、日常の何気ない風景を描いた作品は、余分なものを極力のぞいた、ミニマリストスタイル。だからこそ、作品に余白が生まれ、見る人の気持ちや状況によってさまざまな感じ方ができ、それぞれの物語を紡ぐことができる奥行きの深い作品となるのだろう。「ペーターズギャラリーコンペ2016」鈴木成一賞や、「装画を描くコンペティション Vol.16」入選などの受賞歴も持つ坂内さんの作品の魅力を、ZINEやポスター、ポストカードなどで体感してほしい。

【坂内拓さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
イラストレーターの坂内拓です。コロナでなかなか人と会えなくなり、イベントや展示を通して作品を観る機会や、観てもらえる空間が制限されてしまう状況が続いています。手紙社さんのオンラインでのイベントをきっかけに、イラストレーションとの新しい出会いやつながりの場所ができると嬉しいです。

僕はポスターやビアグラス、ポストカード、などに加えて、作品もいくつか出品いたします。どうぞよろしくお願いします。

Instagram:https://www.instagram.com/takubannai/
Twitter:https://twitter.com/TakuBannai

-------------------------------------------