NEWS

結城琴乃

1972年生まれ。高知県在住。木を焦がして描く“焦がし絵”という手法や細い針金を駆使して、家や鳥、植物などを独自の世界観でつくり上げるクラフト作家。焦がし絵でつくるモノクロの世界は、ノスタルジックな気持ちを誘う。葉脈や虫の羽といった、儚さを孕んだ造形を針金で作るアクセサリーの繊細さには、微かな心の移ろいを感じずにはいられない。オブジェやブローチなど、1つひとつの作品には、それぞれ物語が込められている。心惹かれてしまうのは、その物語に一歩足を踏み入れてしまったからに他ならない。

【結城琴乃さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
散歩やドライブをしながら目にする季節の花や草、虫や建物を頭の中に描きとめ、針金や紙、木などを用いて造形しています。

今回の耳飾り特集では、寒くなり始めた装いに添える木々や小鳥をモチーフの新作、冬の日を思わせる白いロウ引き紙を用いた耳飾りを作りました。

沢山の方に見て頂だけますように。

Web Site:https://kotono1218.exblog.jp/

-------------------------------------------