NEWS

緑青社(つるぎ堂+knoten)

ひつじやアルパカ、コアリクイ、ナマケモノなど、愛嬌あふれる動物たちを活版印刷で描き出すつるぎ堂の多田陽平さんと、星座や草花などを繊細に表現するknoten(クノーテン)の岡城直子さん。緑青社(ろくしょうしゃ)は、そんな二人がタッグを組んだ活版印刷プロジェクト。紙の質感やインキの色合いなどを細かく調整しながら生み出される作品は、活版印刷ならではの美しさや味わいを帯びてどこか神秘的でノスタルジックな雰囲気をまとう。それぞれが個性的な作品を作り続けてきた二人が、互いの良さを引き立て合うことで生まれる化学反応を、ぜひその目で確かめてみてほしい。

【緑青社(つるぎ堂+knoten)から「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
活版印刷の緑青社です。対面イベントの開催がなかなか難しい中、みなさまと繋がれる貴重な機会になることを願っています。

今回は「活版印刷特集」ということでわくわくしています。オンライン販売ならではの一味違ったラインナップをご用意いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Instagram:https://www.instagram.com/rokushosha.letterpress/
Facebook:https://www.facebook.com/rokushosha
Twitter:https://twitter.com/rokushosha

--------------------------------------------------