NEWS

CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS

その軽さと心地よさから、17、18世紀の欧州や日本に驚きをもってもたらされたインドの手織り綿布“calico”。その上質な布を機械で再現しようと、のちに欧州で紡績機が発明され、産業革命へとつながっていった。それから数百年経った今も、インドの村々では、手紡ぎ、手織りで布がつくられている。CALICO(キヤリコ) : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSは、現地の人たちとともに、カディやジャムダニ織、カンタ刺繍などの手仕事の伝統を未来に伝えていくために、多岐にわたる活動を行っている。その上質な着心地を体感してみてほしい。

【CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
CALICO/キヤリコは、職人や生産団体、デザイナーと共に、インド亜大陸に伝わるカディ(手紡ぎ、手織り綿布)やジャムダニ織、手刺繍、伝統染などの布、また原種コットンなどの素材を新しいスタンダードにしようとするデザイン活動です。また、そのような素材の手触りの悦びを失って久しい私たちの日常に豊かな布や衣服の文化を取り戻し、未来に繋がる新しい布世界を作ろうとする祈りの名でもあります。

Web site:http://www.calicoindia.jp
Instagram:https://www.instagram.com/calicoindiajp/

--------------------------------------------------