NEWS

atelier coin

日々、刻々と過ぎ去っていく時間を、愛おしいものへと変えてくれる。時そのものを楽しみたくなるような時計をつくり上げるのは、atelier coin(アトリエ コワン)の大護慎太郎さん。鍛金出身の技術を活かし、自作の金槌を用いてケースやバックルに一つずつ凹凸の表情をつくり出してゆく。そんな手仕事のぬくもりが宿る佇まいは、年月とともに表情が変わり、使い手にしっくりと馴染んだ1点モノへと変化していく。腕時計だけでなく、「ネコの砂時計」など、どんな作品を吉祥寺の工房から届けてくれるのか、楽しみで仕方がない。

【atelier coinから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
吉祥寺・中道通りにて、オリジナルの腕時計やアクセサリー、古道具などを扱うお店を営んでおりますatelier coin(アトリエ コワン)です。「鳥がいっぱい」特集に向けて、以前企画展に参加した際に誕生した、鳥のモビールを制作いたしました。お家時間を彩るアイテムになってもらえたら嬉しいです。月刊手紙舎に向けた特別なアイテムとなりますので、ぜひご覧ください。

Web site:http://www.joieinfiniedesign.com/
Facebook:https://www.facebook.com/joieinfiniedesign/
Instagram: https://www.instagram.com/ateliercoin/
Twitter:https://twitter.com/shintarodaigo
--------------------------------------------------