NEWS

中村活版印刷所

沖縄で印刷業に携わり20年以上となる知念由紀さんは、活版印刷に興味を持ち、東京の「紙博」で活版印刷の作業を体験したことをきっかけに事業をスタート。約60年間使われずに眠っていた手フート(テキン・手動式活版印刷機)を譲り受け、手作業により1枚1枚丁寧に思いをこめてものづくりを行っている。紙にもこだわりを持ち、活版印刷の魅力をより活かせる紙を厳選。琉球伝統芸能の舞に欠かせない「花笠」や「ちんすこう」など、紙の組み合わせにより「それっぽく見えるメモ帳」シリーズなど、ユーモアあふれるアイテムも数多く展開している。

【中村活版印刷所から「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
はじめまして! 中村活版印刷所です。

南の島・沖縄。本島南部に位置する南風原(はえばる)という小さな町で活版印刷所を営んでおります。

活版印刷の名刺などを製作する傍ら、暮らしの中で 楽しい、嬉しい、面白いと感じていただけるような作品づくりに勤しんでおります。この作品たちを通して、私たちの気持ちがさりげなく皆さんの傍にいられたら幸せです。

作品の中には、沖縄モチーフを題材にしたものもございます。ぜひ楽しんでくださいませ。

Web Site : https://www.nakamura-insatsu.co.jp/ 
Instagram : https://www.instagram.com/nakamurakappan/
Facebook : https://www.facebook.com/nakamurakappan
Twitter : https://twitter.com/nakamurakappan

--------------------------------