NEWS

佐々木翔子

新潟県出身で、現在は京都市に工房を構えるガラス作家の佐々木翔子さん。“フュージング”という、カットした板ガラスを重ね合わせて焼成する技法を用いて、透き通ったガラスと優しい乳白色のガラスを組み合わせた器やアクセサリーを手がける。なかでも、花のモチーフが印象的で、赤や紺、緑、山吹色など、まさに自然の花々のように豊富な色合いの作品を展開。一つひとつ作品が美しい透明感だけでなく、ガラスとは思えない温もりも感じさせてくれるところが魅力だ。

【佐々木翔子さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
日々色々な事があり、一息つく時間は大切ですよね。この器を手に取り使って頂き、美味しいお菓子やお茶と一緒に穏やかな時間を過ごして頂けたら嬉しいです。

Instagram:https://www.instagram.com/sasakishokoglassworks/

--------------------------------------------------