NEWS

大枝活版室

大阪府守口市にある小さな印刷所で、印刷工とデザイナーの2人で活動をスタート。2人の活版作品を支えるのはドイツ、ハイデルベルグ社製のプラテンという大きな古い印刷機。そこから生み出される紙雑貨には活版の風合いが閉じ込められ、日々の生活をさり気なく飾る上品で美しい仕上がりに。月刊手紙舎では春夏秋冬をテーマに、季節の移ろいを感じさせるアイテムをお披露目してくれるのだとか。見て、触れて、書いて、飾って、じっくりゆっくり紙との時間を楽しむ体験を。

【大枝活版室から「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
大枝活版室は、大阪府守口市にある小さな印刷所です。印刷工とデザイナーの2人で廃業寸前の長い間眠っていた印刷所を再生という形で復活させました。活版印刷をより身近に感じていただけるようドイツ、ハイデルベルグ社製のプラテンという大きな古い印刷機を使って作り出す紙文具は、活版の風合いを感じられるようなデザインや工夫を詰め込んでいます。日々の生活にさり気なく寄り添い、見て、触れて、書いて、飾って、じっくりゆっくり紙との時間を楽しむ体験をお楽しみいただけると嬉しいです。

Website:http://www.oeda-kappan.com
Instagram:https://www.instagram.com/oeda_letterpress/
Facebook:https://facebook.com/oedakappan
Twitter:https://twitter.com/oeda_kappan

--------------------------------------------------

▼手紙社のYouTubeチャンネル「紙博 PAPER LOVERS」で「大枝活版室」のアイテムを紹介中!
https://youtu.be/bJdNf-u6HtM

--------------------------------------------------