NEWS

山下透

「いつも食器棚の手前側に置かれる器」をテーマに、京都・伏見にて制作を続けている陶芸家・山下透。昭和期を感じさせ郷愁を誘うお皿や、釉薬の発色から味わい深さを醸し出しているカップなど、並べたり重ねたりして飾った時の楽しさも演出してくれる。家や保育園の表札となる陶板も積極的に制作していて、「うつわと並んで大切にしている」のだとか。使い手の暮らしにそっと寄り添い、末長く大切にしたくなるその作品作りにご注目あれ。

【山下透さんから「月刊手紙舎」読者のみなさんへメッセージ】
はじめまして。山下透です。京都で日常づかいの器を中心にいろいろつくっています。古いタイルの模様をイメージしたtileシリーズのスープカップやハト豆皿の手紙社ver.など新しい器を見ていただくのが、とても楽しみです!

Web Site:http://toruyamashita.com/
Instagram:https://instagram.com/toru_yamashita

-----------------------------------------